メルカリで初動が悪い時は1枚目の写真を変更すると反応が変わります

メルカリで初動が悪い時は1枚目の写真を変更すると反応が変わります

新しいモノが出るとついつい欲しくなってしまい、使わない(けど、まあまあ新しい)モノが溜まっていく・・・というモッタイナイ生活を変えてくれるフリマアプリ「メルカリ」。

梱包、発送やコメント対応などいろいろ面倒な部分はありますが、ガラクタのようなモノでも、何でもほぼほぼ売れるので、捨てるのは忍びないけど・・と思って収納スペースを圧迫しているモノをガンガン片付けられます。

リサイクルショップでも同じじゃない?と思いますが、ガラクタは一律1円、10円みたいな事になってしまうので、買取レシート見た時のガッカリ感からも開放されるので、メルカリおすすめです。

最近では、新しいモノを購入する際に、「今使ってるヤツをメルカリで売るとxxxx円くらいになりそうだから、コレは実質xxxx円 安い!」と新商品購入の後押し装置になっている始末で、いろいろ買い替えが進捗しています。

割と高いものから片耳しかないヘッドホン、あっという間に読んでしまった本まで何でも売れます。

UPした直後の「いいね」の付き方で売れるかどうかがなんとなくわかる

メジャーな商品で新品の価格が高く、手を出しづらいモノや極端に新しいモノなどは、ソッコーで売れていきますが、ガラクタ的なもの、ユーザーがそこまで多くない商品は、閲覧数および「いいね」が伸びてこない初速が悪い状態に陥ったりします。

焦っているわけではないので放置して「いつか売れればいいや」のロングテール状態にしておく手もアリなのですが、精神衛生的にはサクサク売ってまとめて発送とかしてしまった方が気持ち的にはラクです。

例えばランニングウオッチGARMINの中位モデルForeAthlete 630Jとかは、特定層は欲しいと思う人はいるだろうけど、ユーザー数的には限られたジャンルの商品。新型に買い換えるため2年ほどの使用での出品。で、最初にUPした雑に撮影した写真がこちら↓

これが全く注目されず、2日経っても反応無し。。。このままでは、マズイと重い再撮影した写真がこちら↓

ガラクタ的な商品だと、ジャンク品の8mmカメラ「minolta POCKET-8 400」。下記の写真だと、ほぼ反応なし。

が、写真をこれ↓に変えると

割とソッコーで反応出て売れたりします。商品写真なので加工しすぎるとトラブルにつながるため、2枚目、3枚目など詳細写真と説明文で、正確に商品状態を表示するのはマストですが、最初の引きをつくるために、1枚めのサムネイルとなる写真は見栄えにするものにした方が圧倒的に売れ行きが良くなるかと思います。